更年期障害サプリメントの口コミから不快な症状を治す

更年期における様々な不快な症状は女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があります


エストロゲンは8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。これ以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します


この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。


エストロゲンの分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分ですが、45歳を過ぎるころから、いくら下垂体が「分泌」の指令を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは出にくくなります。これを受けて、下垂体はさらに「分泌」を指令しますが、やはり分泌はされにくいまま・・・このために脳が混乱をきたします。視床下部は、からだの様々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。更年期は誰にでも訪れる期間ですが、その間に更年期障害を感じるかどうかは個人差があります。不調をほとんど感じないで過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。また、どんな症状を感じるか、その数や種類も人によって異なりますし、同じ症状でも日によって出方やつらさが違うこともあります。

 

更年期障害サプリメント

 

「これってもしかして更年期障害?まだ30代なのに、もう更年期障害が始まったの?」と心配していませんか。最近、30代から40代半ばの女性でも、生理不順になったり、月経が無くなって、女性ホルモンの分泌が乱れている人が急増しています。

これは、ストレスや無理なダイエット、食生活を含めた不規則な生活などにより、早いうちから徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因と考えられています。

このような状態になると、ほてりや手足の冷え、めまい、落ち込みなど更年期障害に似た症状が見られるようになります。


このプレ更年期に起こる様々な不調が「若年性更年期障害」と呼ばれているものです。


プレ更年期の不調に悩まされた人は、引き続き更年期を迎えた時の症状もひどく現れることがあります。だからこそ、日々のストレス解消や規則正しい生活を心がけ、プレ更年期からしっかりと対策を取ることが大切です

 

更年期障害サプリの男性用サプリの口コミ

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調であり、自律神経失調症の一つである。


以前は、男性には関係ないものと思われてきた更年期だが、最近では、男性にも更年期があると提唱されてきている。男性と女性の更年期の違いは、女性には「閉経」という大きな変化が起きることである。女性特有の「閉経」という大きな変化と更年期における各種の症状が結びつくため、医学的にも認知されやすかったと考えられる。男性の場合、非常に個人差が大きいため、男性の更年期障害はその存在さえも認知されていなかった。男性更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因。


男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代でその後年をとるにつれて40代後半あたりから減少していきます


もちろん男性ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量の減少の仕方も人それぞれです


また、男性ホルモン低下の原因は、1)加齢、2)ストレス、です。


*男性で更年期障害を発症しやすい性格の方とは、神経質・真面目・几帳面・責任感がある方に多いそうです。亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがある。男性の場合、亜鉛が不足すると、セックスの衰え、前立腺肥大、精子減少、インポテンツ(生殖能力の低下)、ED(勃起不全)などが心配がある。更年期障害の症状を自覚した場合は、まずは病院での受診をオススメします病院の医師と更年期障害の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。


更年期障害の治療法について納得のいく説明が得られなかった場合には、他の病院の医師にそのことを尋ねてみるのも一つの方法です


更年期障害の治療法としては、現在のところ、ホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的だといわれています

 

更年期障害サプリメント

 

しかし、人によっては生活習慣の見直し(お酒やタバコを控える、運動をする)をすることで症状の改善が見られる方もいます。自分ひとりで更年期障害について悩み、長く悩んでしまったために症状がひどくなるよりも、まずは病院の医師に相談することをオススメします。男性更年期障害が始まる年齢とは?によれば、テストステロンは加齢とともに減少していきますが、男性更年期障害は、仕事で責任の重いポジションについたり、大きなローンを抱えたり、家庭内で孤独感が増す時期がストレスが多い時期となり、40代後半から50代前後に起こる人が多いようです。ただ、仕事の状況やストレスの大きさは人によってそれぞれですので、早い人では30代から発症することもあるようです。

 

更年期障害サプリの人気ランキング

更年期障害の症状を改善するため、ホルモン補充療法(HRT)を受けたり、症状に対処する薬を処方される方がいる一方で、病院にかかるほどではないが辛い、仕事や介護の都合で通院する時間が作れないという方が少なくありません。そのような方にお試しいただきたいのが、つらい更年期障害の症状の緩和が期待できるサプリメントです。


更年期障害に有効といわれている成分は、サポニン、イソフラボンプラセンタマカ、プエラリア、ローヤルゼリーギャバ、レッドクローバー、アルギニン、ポリフェノール、デセン酸などがあります。サポニンは毛細血管を広げてめぐりをよくする成分として知られていて、指先など冷えやすい女性にはとてもおすすめです。また、最近話題になっている大豆イソフラボンから体内で作られるエクオールという成分が更年期障害にも有効といわれています。


エクオールは大豆イソフラボンを摂取することで体内で作られる成分なのですが、イソフラボンを摂取しても効果が無い人が日本人の50%ほどいるといわれています。大豆イソフラボンをたくさん摂っているのに、まったく変化が無いという方は、サポニンやマカ、プラセンタなどその他の更年期におすすめの成分のサプリメントや直接エクオールを摂取できるサプリメントを試してみてください。

 

更年期障害サプリメント

 

女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを試してみたり、めぐりをよくするサポニンやイライラを落ち着かせるギャバを試してみたりと、自分の体調や症状に合わせて取り入れることができるのが更年期対策サプリメントの大きな魅力です。


また更年期対策だけでなくエイジングケアにも効果的なプラセンタは栄養成分の宝庫と言われ、お肌のハリやうるおいをアップてキレイになれる!と更年期の女性に人気です。エストロゲンは生理周期にあわせて増減し女性らしさを司るホルモンですが骨や血管、肌にも大きくかかわっています。そのため、更年期を迎えエストロゲンの分泌が減少すると様々な影響が体にあらわれます。エストロゲンはコレステロール値を維持しながら内臓脂肪を減らす働きがあります。更年期でエストロゲンが減少すると悪玉コレステロールが増えやすくなり、肥満や脂質異常を招きやすくなります。


閉経後の女性が太りやすくなるのはこのため。進行すると動脈硬化がきっかけの狭心症や脳梗塞のリスクが高くなります。エストロゲンは骨の生まれ変わりを助け骨密度を保つ働きがあります。更年期以降の女性に骨粗しょう症が多いのはエストロゲンの減少が原因と考えられています。関節の痛み、こわばりはリウマチや膠原病の可能性もあるため放置せず受診しましょう。エストロゲンは肌の水分を保ったりコラーゲンの合成を促したりする役割があります。


エストロゲンが減少すると肌が乾燥しやすくなり肌のバリア機能が低下します。化粧品や衣類の刺激を受けやすく湿疹やかぶれなどの肌トラブルの原因になります。

 
更新履歴

http://www.misadventuresofanewlywed.com/ http://www.greater2networks.com/ http://www.inspiralmusic.com/